展示について

驚愕の超写実展

驚愕の超写実展 ホキ美術館 × MEAM(ヨーロッパ近代美術館)

11月16日 土曜日 ~2020年1月19日 日曜日

ホキ美術館は日本初の写実絵画専門の美術館として、2010年千葉市に開館しました。創設者・保木将夫氏が収集した写実絵画は、約60作家・480点を数え、近年の写実ブームの火付け役となりました。同じ頃、スペイン・バルセロナでも現代写実絵画・彫刻専門の美術館として、ヨーロッパ近代美術館(MEAM)が開館しました。21世紀スペインの現代具象絵画の最新作、スペイン絵画の最前線にある作品を所蔵しています。
この展覧会では、ホキ美術館の所蔵作品から38点、ヨーロッパ近代美術館(MEAM)から19点、計57点の写実絵画を展示します。

 
休館日 毎週月曜日(1月13日は開館)、
年末年始〔12月28日(土曜日)~2020年1月4日(土曜日)〕、1月14日(火曜日)
時間 午前9時 ~ 午後5時 (入館は午後4時30分まで)
料金 一般1,000円/割引(団体20名以上または65歳以上)900円/中学生以下無料
会場 瀬戸内市立美術館4階・3階展示室(出入口は4階自動ドアのみ)
主催 瀬戸内市立美術館、山陽新聞社、RSK山陽放送
助成 株式会社ウェーブハウス、明石被服興業株式会社、有限会社ミツクラ農林
後援 スペイン大使館/岡山県/岡山県教育委員会/朝日新聞岡山総局/毎日新聞岡山支局/読売新聞岡山支局/産経新聞社/OHK岡山放送/TSCテレビせとうち/RNC西日本放送/KSB瀬戸内海放送/oniビジョン/FM岡山/FMくらしき/レディオモモ/公益社団法人岡山県文化連盟/岡山県郷土文化財団
イベント ギャラリートーク
 日時:毎週日曜日(11月24日を除く) 午後1時30分~(約30分)
 事前申込は不要です
講演会「スペインと日本の写実絵画」
 日時:11月24日(日曜日) 午後2時~(約60分)
 講師:野田弘志(画家) 
 聞き手:松井文恵(ホキ美術館広報)
 事前申込が必要です(先着200名)
 問合せ先:瀬戸内市立美術館(0869-34-3130)
※詳しくは下記の「講座・イベントのご案内」をご覧ください

驚愕の超写実展チラシ(2ページ)(PDF:425.4KB)

講座・イベントのご案内

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
瀬戸内市立美術館
〒701-4302
瀬戸内市牛窓町牛窓4911番地(瀬戸内市役所牛窓庁舎3・4階)
電話:0869-34-3130
ファクシミリ:0869-34-3438
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。