移住するならせとうち

移住支援団体

瀬戸内市に移住を希望されている方を支援する団体があります。実際に移住された方も所属しており、移住者にしか分からない問題も、ここで解決するかもしれません。

瀬戸内市IJU(移住)コンシェルジュ

瀬戸内市では、移住を希望される方に対して、きめ細やかなサポートを行うための「IJU(移住)コンシェルジュ」を配置しています。

新しいまちに移り住む上で、そこに住んでいる地域の人や先輩移住者に、生活や住まいのことを聞いたり、希望の暮らしや心配事などを相談できることは、大きな安心につながります。 

瀬戸内市とコンシェルジュが連携して、瀬戸内暮らしのご案内、お手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

IJUコンシェルジュ

IJUコンシェルジュの職務

・空き家等の住まいの情報の収集及び提供に係る支援

・生活習慣、地域資源等の情報の収集と提供に係る支援

・移住希望者へのアドバイス及び現地の案内

・移住者に対する移住後の支援

など

IJUコンシェルジュの紹介

牛窓しおまち唐琴通りの保存と活性化プロジェクト

平成21年10月から牛窓において町おこし活動を展開中。活動の拠点でもある「風まち亭」に来訪する人々から、牛窓に移住したいという声が多数上がり、これまで、個人の空き家情報を紹介し、数件の移住者の受入を実現させている。

担当地域

牛窓地域(瀬戸内市牛窓町牛窓、鹿忍、長浜地区)

IJU01

裳掛地区コミュニティ協議会

地区住民のお互いの心のふれあいと心豊かな地域社会、もって快適な生活環境をつくるため、地域福祉の推進、文化の向上に寄与する目的で活動している。

少子高齢化が進み、集落の維持が難しくなる中、協議会有志で、移住・定住の促進やむらの活性化に力を入れて活動している。

もかけむらおこしプロジェクト

 

担当地区

邑久町裳掛(もかけ)地区(瀬戸内市邑久町福谷・虫明地区)

本庄地区社会福祉協議会

本庄地区内において、地域住民が相互に協力して地域福祉の向上を図ることを目的に活動している。

少子高齢化が進み、集落の維持が難しくなる中、若い世代を中心とした移住希望者にとって魅力のある地域とするため、親子で楽しく学べる本庄の寺子屋や働く場所の確保など、地域活性化に向けた活動をしている。

担当地域

邑久町本庄地区

瀬戸内市IJU(移住)コンシェルジュを募集しています!

瀬戸内市では、移住・交流の促進及び地域の活性化を図るため、IJU(移住)コンシェルジュの確保に力を入れています。

市内でも地域に移住者を受け入れることで、空き家の利活用や耕作放棄地の解消など地域の活性化に繋がっている事例が数多くあります。

地域の課題解決及び地域の活性化を図るための地域活動の一つとして、IJU(移住)コンシェルジュになりませんか?

個人・団体、可能な活動範囲は問いません。任期は委嘱の日から2年間です。

IJU(移住)コンシェルジュの職務は、ページ上をご覧ください。また、年数回、他のIJU(移住)コンシェルジュとの情報交換を行っています。

活動への参加など、企画振興課までお気軽にお問い合わせください。

瀬戸内市移住計画下見ツアーでの地域の案内の様子

コンシェルジュによる瀬戸内市移住計画下見ツアーでの現地案内の様子

つむぐる

つむぐるは、出身も年齢も仕事も生活形態も関係なく、岡山に移住してきた人と地元の人が、楽しみながら学び、そして繋がっていく。そんな団体を目指しています。
リラクゼーション、音楽、クラフト、多国籍料理教室など、それぞれの分野の講師を招いての色々な講座の企画や、映画上映会、後援会の開催、お茶会での情報交換の場を提供する活動を行っています。

tsumuguru

つむぐるブログ

せとうち交流プロジェクト

被災した福島の子どもたちとその家族を瀬戸内市に招き、地域の人と交流することにより、触れ合いの灯、新しい絆の灯をともし、これからの人生を生き抜く力や夢を実現していくため保養を目的とした活動をしています。

せとうち交流プロジェクト

ページトップへ