移住するならせとうち

もかけむらおこしプロジェクト

もかけむらおこしプロジェクト

瀬戸内市邑久町裳掛地区では、地域おこし協力隊OB(現裳掛地区集落支援員)が、裳掛地区の活性化の企画やコンサルティングを行っています。

もかけむらおこしプロジェクト

実践者:菊地友和(地域おこし協力隊OB・集落支援員) 

菊地氏と住民による「もかけむらおこしプロジェクト」を中心として、平成27年度からは、農林水産省の農村集落活性化事業の採択を受け、5年計画で地域の活性化に取り組んでいます。

地域内外の交流拠点「裳掛あけぼのの家」

地域内外の交流拠点「裳掛あけぼのの家」

移住者が延べ10組を超えた背景にはイベントでのPRも

移住者が延べ10組を超えた背景にはイベントでのPRも

もかけ暮らし(PDF:4.7MB)

もかけ通信Web版

新着情報

JOIN移住・交流&地域おこしフェア2017に出展します

「もかけむらおこしプロジェクト」の活動の一環として、裳掛地区農村集落活性化協議会で、JOIN移住・交流&地域おこしフェアに出展します。2ブースを確保して、裳掛地区の住民及び先輩移住者と交流することができます。

地域の人との交流や裳掛地区、瀬戸内市に興味のある方はぜひお越しください。

日時

平成29年1月15日(日曜日)10時00分~17時00分

場所

東京ビックサイト西2ホール(東京都江東区有明3-11-1)

昨年度のJOINフェアの様子

もかけむらおこしプロジェクト特集(平成28年6月16日)

瀬戸内Finderにおいて、もかけむらおこしプロジェクトの取り組みや裳掛地区が紹介されています。ぜひご覧ください。

瀬戸内Finder「裳掛特集」

菊地友和(地域おこし協力隊OB・裳掛地区集落支援員)

プロフィール

・1971年、東京生まれ。既婚・息子2人
・現在、裳掛(もかけ)地区集落支援員、フリーランス

経歴

・1995年、明治大学法学部卒業

・商業印刷やWebなど広報メディアの制作、企業の業務コンサルティング、ITコンサルティング業を担う。

・開発分野では、海上自衛隊の教育システムの仕様策定、生命保険の比較システムe-Returnの技術顧問として関わる。

・2013年~2015年、瀬戸内市地域おこし協力隊/フリーランスとして活動

・2015年~現在、裳掛地区集落支援員として活動

地域おこし協力隊での取組み

任期:平成24年9月1日~平成27年8月30日

・裳掛(もかけ)地区コミュニティ協議会メンバー有志で「もかけむらおこしプロジェクト」を立ち上げ、その事務局を担当

・岡山大学や岡大サークル、おかやまコープ等との交流・連携により、地区内において都市住民との交流と移住者の受入体制の整備及びその推進事業を実施

受入体制整備及び推進事業

・空き家の掘り起しや片付け

・耕作放棄地の再生

・地域内外の交流を図る拠点(裳掛あけぼのの家)の整備

・地区ホームページやガイドブックの制作

・地区の将来ビジョンの作成

・耕作放棄地の再生及び活用として、害獣被害防止フェンスを施した約3haの「もかけ交流ファーム」整備

・地区内住民向けの地域誌「もかけ通信」の発行により活動を周知

採択を受けた補助事業

・移住・交流による地域活性化支援事業(地域活性化センター/単年/約2百万円)

・農村集落活性化支援事業(農水省/5ヵ年/約2千万円)

・人を呼び込む耕作放棄地の活用推進事業(岡山県/単年/約1千万円)

地域おこし協力隊での取組みの成果

任期中の取組みを通じて、都市部からの移住者をこれまで延べ10組程度受け入れし、定着を実現。さらに、移住者が地域の新たな担い手に加わり、地域コミュニティの維持・活性化に大きな成果を生み出している。

地域内外において、プロジェクトでの活動成果が具体的に表れ、それらが共有されていることが、地区のモチベーション向上や新たな取組みへの挑戦に繋がっており、地域課題に対応できるコミュニティ力と後継候補者人材(マンパワー)が確実に育ってきている。

任期終了後は、集落支援員として、テレワークなどを活用した3次産業による移住者受け入れのための仕掛けや裳掛地区の活性化のための事業のプロデュース、コンサルティングを継続的に行っている。さらに、この取組みと思想は他コミュニティ組織や市民活動団体からの関心が非常に高く、人材・実践活動ともにモデル的なものとなっている。

地域おこし協力隊菊地友和

東京の移住イベントでPRを行う菊地氏 メディアへの露出も 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページトップへ