移住するならせとうち

  • 分譲地案内

    市で販売する分譲地をご案内

    市に精通する職員が、市で販売する分譲地を含め、市内をご案内します。移住後、買い物環境、住環境、子育て環境など気になる点をお聞きし、お客様にあったご案内をいたします。

  • 住まいの支援

    瀬戸内市では、市内でお住まいをお探しの方や、お住まいに安全に暮らすための支援を行っています。ぜひご活用ください。

  • 就農支援策

    瀬戸内市は、新規就農者に人気です。温暖な気候を利用しての二期作。果樹の栽培。山間での自然農など、それぞれの想いを実現できる場所です。
    市では、新規就農者に対しての相談を受けています。
    また、空き家と耕作放棄地を併せて提供する支援を行う団体もあります。

  • 移住支援団体

    瀬戸内市に移住を希望されている方を支援する団体があります。実際に移住された方も所属しており、移住者にしか分からない問題も、ここで解決するかもしれません。

  • 移住・交流・定住イベント情報

    移住・定住・交流イベント開催情報

    瀬戸内市、瀬戸内市地域おこし協力隊、瀬戸内市IJU(移住)コンシェルジュが行うイベントをご案内します。

  • 仕事の支援

    瀬戸内市は、移住者に対して仕事の支援を行っています。

  • 地域おこしFab

    地域おこしFab

    デザイナーでもある地域おこし協力隊OB(現集落支援員)が瀬戸内市長船町福岡の備前福岡郷土館において「Fablabsetouchiβ」を整備し、モノづくりを通じた地域支援等を行っています。

  • もかけむらおこしプロジェクト

    もかけむらおこしプロジェクト

    瀬戸内市邑久町裳掛地区では、地域おこし協力隊OB(現裳掛地区集落支援員)が、裳掛地区の活性化の企画やコンサルティングを行っています。

  • ままかRe.Project

    ままかRe:Project

    地域おこし協力隊OBが、瀬戸内市邑久町玉津地区で事業を行っている「ままかRe:Project」。

    岡山を代表する魚「ままかり」を使った商品の開発・販売・ブランディングを行っています。

  • 瀬戸内市地域おこし協力隊

    瀬戸内市地域おこし協力隊

    人口減少や高齢化の進展する中、地域の維持・強化を図るため、担い手となる人材の確保が課題となっています。

    瀬戸内市では、地域の新たな担い手として、地域外から意欲ある人材を積極的に受け入れ、新たな視点や発想力により、地域の活性化を図るため、地域おこし協力隊制度を導入しています。

    地域おこし協力隊の活動を紹介します。

  • 瀬戸内と暮らす

    移住プロモーション

    瀬戸内市では、市役所と新しい暮らしに挑戦する先輩移住者、地域と移住者を繋ぐ地元の方々が協働して、瀬戸内市の暮らしやすさやまちの魅力を発信しています。

ページトップへ