柄を巻く

鮫革(さめがわ)が縁の下の力持ち
柄巻(つかまき)は刀剣を操るために柄(つか)を補強することと実践的に手溜(てだまり)をよくする目的で行なわれたものです。古代では、刀の柄(つか)は漆木(うるし)や藤づるで巻いたりしていましたが、江戸時代になると革包みにして正絹(しょうけん)の組紐(くみひも)で菱(ひし)に巻かれるようになりました。補強と組紐(くみひも)がずれない工夫として鮫革(さめがわ=エイ)を使いました。上質な鮫革(さめがわ)は一匹のサメ(エイ)から一枚しかとれません。

柄を巻く工程

作業工程

鞘師(さやし)が作った柄木地(つかきじ)をもとに、鮫革(さめがわ)や糸の太さや巻き数などの仕上がりを想定して肉取りをしておきます。鮫革(さめがわ)は柄の大きさに合わせ切り取り、水につけて柔かくした後、何度か仮着せを行い続飯(そくい=鞘師も使っている)で貼り付けます。

柄を巻く 作業工程2

柄を巻く 作業工程3

柄(つか)の刃方(はかた)と棟方(むねかた)に幅約1.5センチメートルの薄く削った木(経木(きょうぎ)=柳、薪、朴(ほお)など)を松樹脂(まつやに)に菜種油(なたねあぶら)を混ぜ合わせた“くすね"で貼り付けます。
糸の長さを決め巻き始めます。その過程で菱(ひし)の形を美しく整えることと手溜(てだまり)をよくするために込め紙(和紙をよく揉んで柔らかくした物)を糸の下に入れ込み、巻き上げていきます。

柄を巻く 作業工程4

糸巻きには、「常組(つねぐみ)糸巻」、「蛇腹(じゃばら)糸巻」など様々な様式があり、機能性と合わせて美しさを演出します。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
備前長船刀剣博物館
〒701-4271
瀬戸内市長船町長船966番地
電話:0869-66-7767
ファクシミリ:0869-66-7971
メールフォームでのお問い合せはこちら