刀身彫り・鐔工

古墳時代、豪族たちの間では権力の象徴として刀身彫刻は存在していたと思われます。武士の時代になってからは、刀の強度は減らさず目方を軽くする役割としての刀樋(かたなひ)、次に信仰によるものとして、不動明王(ふどうみょうおう)、摩利支天(まりしてん)などの諸仏。梵字(ぼんじ)、倶利迦羅龍(くりからりゅう)、さらに素剣、護摩箸(ごまばし)、香箸(こうばし)などの仏具類といったものがあります。また、武家社会も平和な時代になると松竹梅、漢詩、和歌などの装飾的なものが多く彫られるようになりました。現在では、日本の伝統美術工芸として伝統技術の粋と高い芸術性が受け継がれています。完成された刀身に肉感を持った立体的な造形美術は日本刀の美しさをさらに引き出す芸術です。

刀身彫り・鐔工1

絵付け

下絵の構図を和紙に描き、その後、直接刀身に墨で写します。

彫り

刀身彫り・鐔工

下絵の通り、鏨(たがね)で線を描き、さらにあら彫り、上彫りという工程を経て、立体的な造形美術が生まれます。

磨き

最後の仕上げとして、鏨(たがね)の痕を滑らかに磨きあげます。

象嵌(ぞうがん)

鐔に彩色を施すために、金・銀・銅などを金槌で打ち込んで、繊細な象嵌を施します。

象嵌とは一つの物質に異なった素材の物質をはめ込む技術と製品を総称した言葉のこと。高肉象嵌、布目象嵌、平象嵌などの技法があります。

鐔工(つばこう)

鐔(つば)は刀剣づくりと同様の鍛鉄(たんてつ)を使い、刀身彫りと同様の作業を行ないます。仕上げ磨きの前にミリ単位の細かな作業を続けながら立体的で繊細な象嵌(ぞうがん)を施します。又、地金を保護するための錆づけを行い、それによって様々な彫刻、象嵌が浮かび上がり、鐔(つば)の中で小宇宙が完成します。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
備前長船刀剣博物館
〒701-4271
瀬戸内市長船町長船966番地
電話:0869-66-7767
ファクシミリ:0869-66-7971
メールフォームでのお問い合せはこちら