刀剣の種類

太刀(たち)

刃を下にして腰につるして用いた長さ2尺(約60センチメートル)以上のもの。平安後期から室町初期の頃、騎馬戦が主だった時代に、相当の長さと反りが必要でした。展示される場合、刃を下にします。

太刀(たち)

刀(かたな)

刃を上にして腰にさして用いられた長さ2尺(約60センチメートル)以上のもの。室町時代初期から江戸時代末期、徒歩を主とした集団戦になり、太刀よりやや短く、反りの少ないものが必要でした。展示される場合、刃を上にします。

刀(かたな)

脇指(わきざし)

刀と同様に腰にさして用いられた長さ1尺(約30センチメートル)以上、2尺(約60センチメートル)未満のもの。脇指のうち、40センチメートルまでのものは小脇指といいます。

脇差(わきざし)

短刀(たんとう)

長さ1尺(約30センチメートル)未満のもので、腰刀・合口とも呼ばれています。

短刀(たんとう)

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
備前長船刀剣博物館
〒701-4271
瀬戸内市長船町長船966番地
電話:0869-66-7767
ファクシミリ:0869-66-7971
メールフォームでのお問い合せはこちら