日本刀の名称

日本刀の名称

(中心なかご)
(さや)に納まる刀身の部分で、刃区(はまち)、棟区(むねまち)から下を指します。

(むね)
刃と反対側の背部の名称です。峰(みね)とも呼ばれています。

(しのぎ)
刀の中心部からやや棟(むね)よりにある縦の線で、切先(きっさき)に接するところから中心尻(なかごじり)まで。刀身の最も高い稜線が貫いています。

切先(きっさき)
刀身の先端部分の名称です。時代によって特徴があり、刀工の個性がよく表現される部分です。鋒(きっさき)とも書きます。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
備前長船刀剣博物館
〒701-4271
瀬戸内市長船町長船966番地
電話:0869-66-7767
ファクシミリ:0869-66-7971
メールフォームでのお問い合せはこちら