日本刀が出来るまで

日本刀が出来るまで1

材料の玉鋼(たまはがね)を薄く平らに打ち延ばします。

日本刀が出来るまで2

小割りにしたものを、硬くてキレイなものと軟らかいものに分けます。

日本刀が出来るまで3

同質の鉄で作っておいた台の上にそれぞれ積み重ねます。

日本刀が出来るまで4

およそ1300度ぐらいまで、炭を使い熱し、鍛接(たんせつ)をします。

日本刀が出来るまで5

切れ目を入れて何度も折り返します。(折り返し鍛え)

日本刀が出来るまで6

短冊状に切り分け、並べます。(拍子木づくり)

日本刀が出来るまで7

拍子木づくりしたものを鍛錬します。(仕上げ鍛え)

日本刀が出来るまで8

軟らかい芯となる心鉄(しんがね)に硬い皮鉄(かわがね)をかぶせ、焼いて長く伸ばしていきます。

日本刀が出来るまで9

刀の形にのばしたものを、日本刀としての形に小槌を使って整えていきます。このとき、切先(きっさき)も打ち出します。

日本刀が出来るまで10

火造りしたものをセンという鉋(かんな)のような道具とヤスリで形を整えます。

日本刀が出来るまで11

刀身を一様に加熱し、水槽に投じて急冷します。刃の反りもこのときに自然につきます。(焼入れ)

反りを修正し、荒砥ぎを経て、研師などの手に渡ります。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
備前長船刀剣博物館
〒701-4271
瀬戸内市長船町長船966番地
電話:0869-66-7767
ファクシミリ:0869-66-7971
メールフォームでのお問い合せはこちら