はばきをつくる

鞘(さや)の中で刀身は鞘(さや)に触れることなく浮いていることをご存知ですか?その役割を担っているのがはばきです。刀の根元をしっかり締めくくり、刀身がぐらぐらして鞘(さや)に当たらないように支える役目をもっています。はばきは刀身の延長であり、刀身ひとつひとつの形に応じた作品が求められ、それ本体も観賞の対象となっています。

はばきをつくる 名称

はばきを作る 作業工程1

1.切り出し

素材は銅が多く用いられますが、金や銀を使うこともあります。素材を作ろうとする大きさに切り落とします。

2.火造り(ひづくり)

はばきを作る 作業工程2

切り出した素材を熱して金槌(かなづち)で叩き、棟側(むねがわ)の中央部分を残し、刃側の部分を伸ばします。これを刀身に合わせ折り曲げます。刀に合わせて棟の区(まち)に来る部分を切り抜きます。

3.鑞づけ(ろうづけ)

はばきを作る 作業工程3

はばきの刃側にあたる部分に、区金(まちがね)という細棒をはめ込み、銀鑞(ぎんろう)という銀に真鍮(しんちゅう)を混ぜ合わせたものを置いて加熱することで合わせ目を接着します。

4.上貝(うわがい)

二重(ふたえ)はばきを製作する場合は、装飾性をもつ上貝(うわがい)をはばき本体に合わせ1~3の工程を繰り返し製作します。

5鍛造(たんぞう)

はばきを作る 作業工程4

鑞(ろう)づけが済んだ下地を茎(中心なかご)に合わせ、金槌で叩いて締めながら押し上げ、区(まち)に納まるようにします。

6.金着せ(きんきせ)

はばきを作る 作業工程5

形が決まり、上貝(うわがい)を装着したら、はばきに薄い金の板を被せ、なじませます。また、最後に鑢(やすり)又は鏨(たがね)で装飾を施します。

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
備前長船刀剣博物館
〒701-4271
瀬戸内市長船町長船966番地
電話:0869-66-7767
ファクシミリ:0869-66-7971
メールフォームでのお問い合せはこちら