展示について

テーマ展「初公開!新収蔵刀剣展」

テーマ展「初公開!新収蔵刀剣展」

会期:平成29年5月30日(火曜日)~7月30日(日曜日)

 
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日に振替え)
開館時間 午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
料金 個人 一般:500円、高大生:300円、中学生以下無料
団体(20名以上) 一般:400円、高大生:250円、中学生以下無料
65歳以上の方は、割引があります。 (年齢が分かる証明書の提示をお願いいたします。)
障がい者の方は無料(付添いの方1名含む)となります。 (手帳の提示をお願いいたします。)
会場 備前長船刀剣博物館 1・2階展示室
イベント

公開古式鍛錬
日時:6月11日(日曜日)、7月9日(日曜日) 午前11時~正午、午後2時~3時
料金:無料(ただし入館料が必要)
予約不要

小刀製作講座
日時:6月17日(土曜日)、7月1日(土曜日)、7月15日(土曜日) 午前10時~午後4時
料金:材料費1口1万円+受講料1日2,000円
事前予約が必要
2~4回程度の受講で完成します。

日本刀手入れ講習会

日時:6月17日(土曜日)、6月25日(日曜日) 午前11時~正午
料金:無料(ただし入館料が必要)
事前予約が必要

 

ごあいさつ

 このたび、「初公開!新収蔵刀剣展」と題してテーマ展を開催いたしました。

 昨今、家の整理・整頓を行う中で偶然刀剣が見つかることも多く、ましてやその刀剣の保護・保存となればどのようにしてよいのか分からない方が多く、その結果、当博物館への寄贈・寄託が増え、未公開の作品も増えてきました。

 そこで今回の展示では、当館に寄贈・寄託された作品の中から未公開の作品を中心に展示しました。

 また、刀剣はどこをどう見ればよいのか分かりにくいという声も多く聞くことから、初心者の方にもわかりやすく、少しでも刀に対する理解を深めていただくために、太刀、刀、脇指、短刀等、種別に展示しています。

 今まで日の目を見なかった貴重な作品を通して、刀への興味を少しでも持っていただければと思います。

 

  備前長船刀剣博物館
館長 山崎 宗則


 

展示内容

1階展示室

・直刀 銘 宗景
 黒漆塗鞘大刀拵

・太刀 銘 国宗
 青貝微塵笛巻塗鞘打刀拵(江戸時代)

・太刀 銘 元重
 金梨子地塗五三桐紋蒔絵鞘糸巻太刀拵(江戸時代)

・太刀 銘 兼光
・太刀 銘 真次
・太刀 銘 国吉
・太刀 銘 信国
・太刀 銘 正明

・刀 無銘 伝 正中一文字
 黒石目地塗鞘打刀拵(江戸時代)

・刀 金粉銘 長義

・刀 銘 友次  初公開
 濃茶漆塗鞘打刀拵

・刀 銘 正則
 黒漆虫喰塗鞘打刀拵                               

・刀 銘 祐定  初公開
 朱石目地笛巻塗鞘肥後打刀拵(江戸時代後期)

・刀 銘 祐広  初公開

・刀 銘 忠吉
 黒石目地螺鈿散塗鞘打刀拵(江戸時代後期)

・刀 銘 月仙

・砥石、研見本                    

                               

2階展示室

・脇指 銘 恒次
・脇指 銘 法光
 金梨子地塗鞘打刀拵(江戸時代)

・脇指 銘 家次
・脇指 銘 祐定
・脇指 銘 吉道  初公開
・脇指 銘 兼行

・短刀 銘 兼光  初公開
・短刀 銘 正則
 青漆塗印籠刻鞘合口短刀拵

・短刀 銘 清光  初公開
 出鮫柄朱漆塗鞘合口短刀拵(江戸時代後期)

・短刀 銘 正近
・短刀 銘 兼元

・短刀 銘 信国
 藤丸拵(江戸時代)                   

・短刀 銘 勝光
・太刀 銘 月仙
・短刀 銘 俊光

・薙刀 銘 隆豊
・薙刀 銘 祐定

・黒漆塗鞘打刀拵
・朱漆塗鞘打刀拵

・太刀 銘 俊光
・太刀 銘 俊光
・短刀 銘 俊光
・太刀 銘 俊光

・黒漆塗鞘大小拵

 

 

 

お問い合わせ先
備前長船刀剣博物館
〒701-4271
瀬戸内市長船町長船966番地
電話:0869-66-7767
ファクシミリ:0869-66-7971
メールフォームでのお問い合せはこちら