年間展示予定(平成30年度)

テーマ展「日本刀解体新書」

テーマ展「日本刀解体新書」

日本刀を鑑賞するにあたって、日本刀のどこを観ればよいのか、初心者の方にはわかりにくい部分があります。
しかし、日本刀はどこを見るかというポイントは決まっています。最初の鑑賞のポイントは、太刀・刀・脇指・槍などの種類(姿)の理解です。同じ種類の日本刀でも、製作の年代によって姿が少しずつ変化をしていきます。鑑賞ポイントの中でも「姿」に重きを置く展示をおこない、時代によって変わる姿を比較することで、日本刀鑑賞に慣れていただきます。

 
期間 平成30年4月26日(木曜日)~平成30年6月24日(日曜日)
休館日 毎週月曜日
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般:500円、高大生:300円、中学生以下無料
会場 備前長船刀剣博物館 1・2階展示室

 

 

特別展「古今東西刀匠・職方列伝パート2」

備前長船刀剣博物館開館35周年・(公財)日本美術刀剣保存協会岡山県支部創立70周年記念として、2008年に開催した開館25周年記念 特別展「古今東西刀匠・職方列伝」の第2弾。今回も、節目の年の記念事業として、平安時代末期から現代にいたるまでの名工が制作した、めったに見ることのできない日本刀を一堂に展示します。

 
期間 平成30年6月29日(金曜日)~平成30年9月2日(日曜日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
8月13日(月曜日)は開館します。
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般:500円、高大生:300円、中学生以下無料
会場 備前長船刀剣博物館 1・2階展示室

 

 

特別展「こんぴらさんの名刀展」

金刀比羅宮は、昔から朝廷や幕府、諸大名をはじめ、一般庶民の篤い崇敬をうけ、貴重な宝物類が数多く奉納されています。刀剣においても、古くは平安時代末期より現代に至るまで精魂込めて鍛え上げた逸品が数多く現存しています。今回は、その中から備前物を中心に41口を展示します。

 
期間 平成30年9月7日(金曜日)~平成30年11月25日(日曜日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般:500円、高大生:300円、中学生以下無料
会場 備前長船刀剣博物館 1・2階展示室

 

 

テーマ展「甦った赤羽刀と長船分会展」(仮称)

GHQによって一時接収され、廃棄される寸前だったところを有識者の交渉努力によって返還された刀剣類「赤羽刀」を、当館は備前刀を中心に107口の譲渡を受けました。その甦った「赤羽刀」から伝統を残すことの大切さを感じていただこうと毎年開催しております。長い刀剣史の中で何度も苦難に見舞われながらも現在に残る日本刀の美しさをご覧ください。

 
期間 平成30年11月30日(金曜日)~平成31年2月11日(月曜日)
長船分会展の展示:11月30日(金曜日)~12月12日(水曜日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
館内整備のため休館(12月13日~12月27日)
年末年始(12月28日~1月4日)
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般:500円、高大生:300円、中学生以下無料
会場 備前長船刀剣博物館 1・2階展示室

 

 

テーマ展「華麗なる備前刀展」(仮称)

平安時代から刀剣王国として繁栄した備前国。その長い歴史の中を生きた、時の名工の技と備前刀の魅力を、当館所蔵の備前刀41口を展覧し、紹介します。

 
期間 平成31年2月16日(土曜日)~平成31年4月21日(日曜日)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般:500円、高大生:300円、中学生以下無料
会場 備前長船刀剣博物館 1・2階展示室

 

 

同階層ページ

用語解説

お問い合わせ先
備前長船刀剣博物館
〒701-4271
瀬戸内市長船町長船966番地
電話:0869-66-7767
ファクシミリ:0869-66-7971
メールフォームでのお問い合せはこちら