ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > ごみ・環境・水道 > 動物 > 令和3年度狂犬病予防注射が始まりました。(狂犬病予防集合注射を実施します)

本文

令和3年度狂犬病予防注射が始まりました。(狂犬病予防集合注射を実施します)

更新日:2021年3月25日更新 印刷ページ表示

令和3年度の狂犬病予防注射につきまして

手続き概要

狂犬病予防法により犬(生後91日以上)の所有者は、狂犬病予防注射(毎年1回)を受けさせ、狂犬病予防注射済票の交付を受けることが義務付けられています。
令和3年度の狂犬病予防注射は、令和3年3月2日に始まりました。
動物病院で狂犬病予防注射を受けた場合は、狂犬病予防注射済証を持って環境課窓口にお越しください。狂犬病予防注射済票の交付申請をお願いします。(支所・出張所では手続きができません)
交付された狂犬病予防注射済票は、必ず犬に着けてください。
狂犬病予防注射済票を失くした場合は、必ず再交付の手続きをしてください。

必要書類

手数料

犬の登録(鑑札交付)手数料 3,000円
鑑札再交付手数料 1,600円
狂犬病予防注射済票交付手数料 550円
狂犬病予防注射済票再交付手数料 340円

ただし、次のいずれかに該当する犬に係る手数料は免除することができます。
(1)身体に障害のある者が飼育管理する犬で、身体障害者補助犬(身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第2条第1項の規定による身体障害者補助犬をいう。)の使用者証または認定証に該当する犬
(2)警察犬(岡山県警察本部直轄犬及び岡山県警察本部嘱託犬をいう。)
※身体障害者補助犬法において「身体障害者補助犬」とは、盲導犬、介助犬及び聴導犬をいいます。

令和3年度の集合注射を実施します

瀬戸内市では、令和3年度の狂犬病予防集合注射を下記日程で実施します。
ご希望の方は、コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、以下の内容にご協力をお願いします。
(1)集合注射当日、咳や発熱等の症状がある場合は、来場を控えてください。
(2)会場では、マスクを着用してください。
(3)会場に消毒薬を設置しますので、手指消毒をお願いします。
(4)会場では、前後の方とソーシャルディスタンスを保ってください。

集合注射料金

注射料金及び注射済票交付手数料3,200円
(内訳…注射料金2,650円+注射済票交付手数料550円)

※未登録の犬は、登録手数料を追加でご用意ください。
登録手数料(犬の生涯で1回) 3,000円

※注射会場は混雑が予想されます。つり銭のいらないようご協力をお願いします。
※すでに登録済みで市から通知が届いている場合は、通知書(ハガキ)をお持ちください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)