ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > こども・健康部 > 健康づくり推進課 > 海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

本文

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

更新日:2021年9月27日更新 印刷ページ表示

新型コロナワクチン接種証明書について

 ワクチン接種証明書とは、日本国内で新型コロナワクチン接種を受けたことを証する書類です。海外渡航において、必要な場合があります(証明書の必要性については各国で異なりますので、事前にご確認ください)。必要に応じて申請してください。

 

概要

対象者

 以下の2つの条件を満たす方

  • 実際に海外渡航の予定がある方
  • ワクチン接種時に当市に住所があった方

申請方法

 窓口と郵送で申請を受け付けます。


手数料

 無料

 注意事項

 ワクチン接種証明書の用途は、海外渡航用に限られています。

 海外渡航以外で接種の記録が必要な場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。

 

申請方法について

必要書類

  • 申請書(下記「各種様式」からダウンロードできます)
  • 旅券(パスポート)(注釈1)
  • 接種券(画像参照)(注釈2)
  • 接種済証(画像参照)または医療従事者等が持っている接種記録書(注釈3)

窓口で申請される場合は、必要書類を提示してください。郵送で申請される場合は、コピーを同封し郵送してください。

注釈1:接種証明書利用時に使用する旅券をご提示ください。有効期限切れの場合は発行できません。
注釈2:接種券を紛失した場合や接種券の「予診のみ」部分も使用している場合は、マイナンバーカードまたは住所の記載された本人確認書類(免許証・保険証等)をご用意ください。
注釈3:接種済証または接種記録書を紛失した場合でも、接種証明書の発行は可能です。ただし、接種記録確認に時間がかかる場合があります。
  

新型コロナワクチンの接種券の画像

場合によって必要な書類
旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合
  • 旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類(旧姓・別姓・別名が記載されているマイナンバーカード、運転免許証、外国の旅券など)
代理人による請求の場合
  • 本人の自署による委任状(下記「各種様式」からダウンロードできます)
  • 代理人の本人確認書類(マイナンバーカード・免許証・保険証等)
郵送の場合
  • 送付先住所を記載し、切手を貼った返信用封筒
  • 住所が記載された本人確認書類(マイナンバーカード・免許証・保険証等)の写し
    ※代理人による請求の場合、送付先が代理人の住所であれば代理人のもの

申請窓口・受付時間

【申請窓口】

  • 健康づくり推進課(ゆめトピア長船内)
  • 市民課(本庁) 
    ※市民課ではその場で証明を発行せず、後日証明書を健康づくり推進課から郵送します。
    住所が記載された本人確認書類が必要です(代理人による請求の場合、送付先が代理人の住所であれば代理人のもの)。

【受付時間】
午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)

健康づくり推進課では書類を確認後、不備がなければその場で証明書を発行します。
接種事実の確認に時間を要する場合、即日交付はできません。余裕をもって申請をしてください。

郵送請求の送付先

〒701-4264
岡山県瀬戸内市長船町土師277番地4
健康づくり推進課 新型コロナワクチン対策室 あて

 

​各種様式

新型コロナウイルスワクチン接種証明書交付申請書 [PDFファイル/225KB]

委任状 [PDFファイル/229KB]

 

参照リンク

厚生労働省ホームページ<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)