ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > こども・健康部 > 健康づくり推進課 > 先天性代謝異常等検査

本文

先天性代謝異常等検査

更新日:2021年3月19日更新 印刷ページ表示

先天性代謝異常等検査 (母子保健ガイドより)

生まれてきた赤ちゃんの中には、フェニールケトン尿症など先天性代謝異常の病気を持っていることがあり、放置すると知的障害や発育障害などの症状が現れ、時にはショックや肝障害などで命にかかわることもあります。

しかし、早期に異常を発見し、専門医の治療を受ければ、健康な生活を送ることができるようになりますので、未来ある赤ちゃんのためにも、ぜひこの検査を受けましょう。

検査について

生まれて4日目から6日目の間に足の裏からごく少量の血液を採って検査します。

検査費用について

岡山県内の医療機関で出産し、検査を受ける場合は、検査費用は岡山県が負担していますので、無料となります。

ただし、医療機関で行う採血にかかる費用(採血料)は、保護者の負担となりますのでご了承ください。

検査を受けるには

母子保健ガイドとじ込みの「先天性代謝異常等検査依頼書(黄色)」に必要事項を記入し、出産医療機関へ提出してください。