ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業建設部 > 建設課 > 木造住宅耐震診断補助

本文

木造住宅耐震診断補助

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

 地震に強い安全なまちづくりを目的に、昭和56年5月31日以前着工の古い基準で建築された木造住宅の所有者が実施する「耐震診断」、「補強計画」に要する経費に対して、市が費用の一部を補助します。

制度概要

事業名

木造住宅耐震診断事業

補助の要件

  1. 申請者は住宅の所有者であること
  2. 瀬戸内市内にある民間のもの
  3. 昭和56年5月31日以前に着工された一戸建て住宅(店舗、事務所など住宅以外の用途を兼ねた住宅は、住宅の床面積が2分の1以上のもの)
  4. 構造が丸太組工法、建築基準法第38条の規定に基づく認定工法以外の木造住宅
  5. 2階建て以下のもの
  6. 年度内に補助事業が完了すること

補助額

ステップ1

  1. 耐震診断…1棟あたり費用71,200円のうち、60,000円補助(自己負担額11,200円)
  2. 簡易診断…1棟あたり費用42,000円のうち、40,000円補助(自己負担額2,000円)

ステップ2

 補強計画…1棟あたり費用71,200円のうち、60,000円補助(自己負担額11,200円)

その他

  • 延床面積200平方メートルの場合です。200平方メートルを超えると100平方メートルごとに追加費用が発生します。
  • ステップ1で2簡易診断を行った場合、ステップ2の補強計画へは進めません。
  • 実施機関(一般社団法人岡山県建築士事務所協会)に委託し、岡山県知事の登録を受けた木造住宅耐震診断員が行います。