ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業建設部 > 建設課 > 瀬戸内市橋梁の長寿命化計画を更新しました(2019年度版)

本文

瀬戸内市橋梁の長寿命化計画を更新しました(2019年度版)

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

 瀬戸内市が管理する橋梁は、580橋ありますが、高齢化が急速に進んでおり、従来の維持管理を行った場合、補修・更新費用が増大し、適切な維持管理を続けることが困難になります。

 このため、道路ネットワークの安全性・信頼性を確保するとともに、維持管理及び更新費用の縮減と平準化を図ることを目的に、「瀬戸内市橋梁の長寿命化計画」を策定しました。

 今後は、これらの計画に基づき、従来の「事後保全型の維持管理」から、定期点検により橋梁の状態を把握し、点検結果に基づく早期補修を計画的に行う「予防保全型の維持管理」へと転換し、橋梁の長寿命化を図っていきます。

 なお、次回の計画更新は、2巡目点検終了後の令和6年度に行う予定とし、橋梁点検・修繕計画一覧表のみ必要な時期に更新を行います。

瀬戸内市橋梁の長寿命化計画(2019年度版)(PDF:2.5MB)

瀬戸内市橋梁点検・修繕計画一覧表(2020年度版)(PDF:29.6KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)