ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 遺跡の中で土木工事を行おうとするとき

本文

遺跡の中で土木工事を行おうとするとき

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

建築・土木工事をする場合

 事前に建築・土木工事をする予定地が埋蔵文化財包蔵地であるかどうかを確認してください。埋蔵文化財包蔵地内で工事を行う場合、文化財保護法により届け出が必要です。

 また、埋蔵文化財包蔵地に隣接する場合にも調査等が必要になることがあります。必ず文化観光部文化観光課にお問い合わせください。

 住宅地図などに位置を示してファクシミリ(0869-22-3965)で送っていただければ、対応いたします。

届出の様式

 発掘届に必要書類を添付して、文化観光部文化観光課に2部提出してください。

 なお、届出は工事着手の60日前までとなっています。日付には十分注意してください。

 (様式は、2頁に分かれていますが、A4用紙1枚に両面印刷してください。)

様式_埋蔵文化財発掘届 [PDFファイル/152KB]

様式_埋蔵文化財発掘届 [Wordファイル/37KB]

添付する図面等について [PDFファイル/93KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)