ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 瀬戸内市消防本部 > 警防課 > 救命処置(成人用)

本文

救命処置(成人用)

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

「救命処置は、あなたの行動を必要としています!」

このページの救命処置は、高校生以上の大人が対象です。

心肺蘇生法の手順

1.反応を確認する

片方の手を額に当て、もう一方の手で肩をたたきながら「大丈夫ですか」または「もしもし」と呼びかけ、反応があるかないかを確かめる

反応の確認

2.助けを呼ぶ

  • 反応がなければ大きな声で「誰かきて!」と大きな声で助けを求める。
  • 協力者が来たら「あなたは119番へ通報してください」、「あなたはAEDを持ってきてください」と具体的に依頼する

119番通報とAEDの手配

3.呼吸の確認

傷病者のそばに座り、10秒以内で傷病者の胸や腹部の上がり下がりを見て、普通どおりの呼吸をしているか確認する

呼吸の確認

4.胸骨圧迫(心臓マッサージ)

傷病者に普通どおりの呼吸がないと判断したら、ただちに胸骨圧迫を開始する。

胸の真ん中を重ねた両手で「強く、速く、絶え間なく」圧迫します。

胸骨圧迫位置
1.胸の真ん中(乳頭と乳頭を結ぶ真ん中)に、片手の手の付け根を置きます。

胸骨圧迫位置2
2.他方の手をその手の上に重ねます。
両手の指を互いに組むと、より力が集中します。

胸骨圧迫3 
3.肘をまっすぐに伸ばして手の付け根の部分に体重をかけ、傷病者の胸が少なくとも約5センチメートル沈むほど強く圧迫します。

胸骨圧迫4
4.1分間に少なくとも100回の速いテンポで30回連続して絶え間なく圧迫します。

圧迫解除
5.圧迫と圧迫の間(圧迫を緩めるとき)は、胸がしっかり戻るまで十分に力を抜きます。

5.人工呼吸(口対口人工呼吸)

30回の胸骨圧迫終了後、口対口人工呼吸により息を吹き込みます。

1.気道の確保 (頭部後屈あご先挙上法)

傷病者の喉の奥を広げて空気を肺に通しやすくします。

片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をあご先(骨のある硬い部分)に当てて、頭を後ろにのけぞらせ(頭部後屈)、あご先を上げます(あご先挙上)。

気道確保
頭を後ろにのけぞらせ、あご先をあげます

気道確保2
空気を肺に通りやすくする

2.人工呼吸

  • 気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指で傷病者の鼻をつまみます
  • 口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして、息を約1秒かけて1回吹き込みます。傷病者の胸が持ち上がるのを確認します。
  • いったん口を離し、同じ要領でもう1回吹き込みます。

人工呼吸

6.心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)の継続

  • 胸骨圧迫を30回連続して行った後、人工呼吸を2回行います。
  • この胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせ(30:2のサイクル)を、救急隊に引き継ぐまで絶え間なく続けます。

継続

AEDの使用手順

7.AEDの到着と準備

1.AEDを傷病者の近くに置く

AEDを傷病者の近くに置きます。ケースから本体を取り出します。

AEDを置く位置の画像
AEDを置く位置

2.AEDの電源を入れる

  • AEDのふたを開け、電源ボタンを押します。ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。
  • 電源を入れたら、以降は音声メッセージと点滅するランプに従って操作します。

電源を入れる

3.電極パッドを貼る

  • 傷病者の衣服を取り除き、胸をはだけます。
  • 電極パットの袋を開封し、電極パッドをシールからはがし、粘着面を傷病者の胸の肌にしっかりと貼り付けます。
  • 機種によっては電極パッドのケーブルをAED本体の差込口(点滅している)に入れるものがあります。

注意点

 成人用(おおむね6才以上)と小児用の2種類の電極パットが入っている場合がありますが、イラストを見れば区別できます。

 傷病者の胸が濡れている場合は、タオル等でふき取ってから電極パットを貼ります。

 胸に貼り薬(ニトログリセリン製剤や喘息薬など)が、貼られている場合は、それをはがして、肌に残った薬剤をふき取ってから電極パットを貼ります。

 電極パットを貼る位置に心臓ペースメーカーや埋め込み型の除細動器が埋め込まれている場合は、(胸の皮膚が盛り上がっており、下に固いものが触れるのでわかります)そこを避けて電極パッドを貼り付けます。

パッド絵
貼り付け位置は電極パットや袋に描かれています。

パッドを貼る位置
電極パットは、胸の右上(鎖骨の下)および胸の左下側(脇の5~8センチメートル下)位置に肌とのすき間を作らないよう、しっかり貼り付けます。

8.心電図の解析

  • 電極パットを貼り付けると”体に触れないでください”などと音声メッセージが流れ、自動的に心電図の解析が始ります。このとき、「みなさん離れて!!」と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認します。
  • 一部の機種には、心電図の解析を始めるために、音声メッセージに従って解析ボタンを押すことが必要なものがあります。
  • ”ショックは不要です”などの音声メッセージが流れた場合は、ただちに胸骨圧迫を再開します

離れて
「解析します。」
「体に触れないで離れて!」

9.電気ショック

  • AEDが電気ショックを加える必要があると判断すると、”ショックが必要です”などの音声メッセージが流れ、自動的に充電が始ります。充電には数秒かかります。
  • 充電が完了すると、”ショックボタンを押してください”などの音声メッセージが出て、ショックボタンが点灯し、充電完了の連続音が出ます。
  • 充電が完了したら、”ショックを行います。みなさん、離れて!!”と注意を促し、誰も傷病者に触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。

ショックボタンを押す画像
ショックボタンを押す

10.心肺蘇生の再開

電気ショックが完了すると、”ただちに胸骨圧迫を開始してください”などの音声メッセージが流れますので、これに従って、ただちに胸骨圧迫を再開します。

心肺蘇生を継続する画像
胸骨圧迫30回、人工呼吸2回の組み合わせを続けます。

11.AEDの手順と心肺蘇生の繰り返し

  • 心肺蘇生を再開して2分ほど経ったら、再び、AEDが自動的に心電図の解析を行います。音声メッセージに従って傷病者から手を離し、周りの人も、傷病者から離れます。
  • 以後は、「8.心電図の解析、9.電気ショック、10.心肺蘇生の再開」の手順を、約2分おきに繰り返します

回復体位について

  • 反応はないが普段どおりの呼吸をしている場合は、気道の確保を続けて救急隊の到着を待ちます。気道確保は人工呼吸を行う場合と同様に、頭部後屈あご先挙上法で行います。
  • 吐物などによる窒息の危険があるか、やむを得ず傷病者のそばを離れるときには、傷病者を横向きに寝かせます。このような姿勢を回復体位といいます。
  1. 下あごを前に出し、上側の手の甲に傷病者の顔をのせます。
  2. さらに、上側の膝を約90度曲げて、傷病者が後ろに倒れないようにします。

回復体位の画像

心肺蘇生法の映像について

下記のリンク(総務省消防庁)の「防災・危機管理e-カレッジ」で『救命手当』で映像をご覧になれます。

総務省消防庁<外部リンク>

普通救命講習会のご案内

あなたが行う応急手当が、その人の生命を救うために大きく役立ちます。
年間を通して普通救命講習会を実施しています。

出向いて講習を行いますので、事業所単位、地域の町内会などで受講してみませんか?

お気楽にご連絡ください。