ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 瀬戸内市消防本部 > 警防課 > 普通救命講習のご案内

本文

普通救命講習のご案内

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

「助かるはずの命を救えるのは、あなた自身の勇気」であることを知っていますか?

あなたの身のまわりで起こる、急な病気や突然のケガ。「反応がない!」 「呼吸がない!」 「出血が止まらない!」 こんなとき、救急車が来るまでに、あなたが行なう応急手当が、その人の生命を救うために大きく役立ちます。

応急手当の重要性

 突然のけがや病気に対して、家族や職場でできる手当のことを広い意味での「応急処置」といいます。

 突然、心臓や呼吸が止まってしまった場合、1分どころか1秒でも早い「応急手当」の開始が重要です。まず必要なことはすぐに119番通報することです。119番通報が早ければ早いほど、救急隊が早く到着し、病院に着くまでの間、救急隊員による処置を受けることができます。救急車が到着するまでに全国平均で約8分間かかっており、救急車が来るまでの間、手をこまねいていて何もしないでいると、救命のチャンスは大きく遠ざかってしまいます。そばに居合わせた人が「応急手当」を行なうことは、すぐ119番通報することと同様に重要です。特に心疾患(心筋梗塞や不整脈など)により突然に心臓が止まった傷病者を救うためには、心肺蘇生法(胸骨圧迫、気道の確保、人工呼吸)を行うとともに、AEDを使用して電気ショックを速やかに行うことがとても重要なことです。

 心停止の傷病者や、その危機にひんしている傷病者を救命し、社会復帰に導くために必要な一連の行いを「救命の連鎖」といいます。最初の三つの輪は、現場に居合わせた人が行うものであり、居合わせた人により心肺蘇生が行われた場合や、AEDを使用して電気ショックが行なわれた場合、生存率や社会復帰率が高いことが明らかになっています。そばに居合わせた人が傷病者に「応急手当」を行い、命を助けることができるよう、心肺蘇生法やAEDの使用方法を身に付けておくことが大切です。

救命の連鎖の画像

AEDについて

 AEDとは

 “自動体外式除細動器”のことを指します。コンピューターを内蔵し、電極を胸に貼ると自動的に心室細動かどうかを調べて、電気ショックが必要かどうかを決定し、音声メッセージで電気ショックを指示してくれます。最近では、空港や駅、デパートや公共施設などでの導入が進んでいます。

 除細動とは

 主に心筋梗塞が原因で起こる心室細動を電気的刺激で正常の脈動に戻す治療のことです。心室細動になってから電気ショックを行なうまでの時間が1分遅れるごとに、生存退院のチャンスが7~10%ずつ低下することが知られています。

AED設置状況の画像
AEDの設置状況

普通救命講習1カリキュラム(合計180分)

応急手当の重要性 15分

 応急手当の目的・必要性(心停止の予防等を含む)等

 救命に必要な応急手当(主に成人に対する方法) 165分

心肺蘇生法

基本的心肺蘇生法(実技)
  • 反応の確認、通報
  • 胸骨圧迫要領
  • 気道確保要領
  • 口対口人工呼吸法
  • シナリオに対応した心肺蘇生法
 AEDの使用法
  • AEDの使用方法(ビデオ等)
  • 指導者による使用法の呈示
  • AEDの実技要領
異物除去法
  • 異物除去要領
効果確認
  • 心肺蘇生法の効果確認

止血法

  • 直接圧迫止血法

普通救命講習2カリキュラム(合計240分)

 業務の内容や活動領域の性格から一定の頻度で心停止者に対し応急の対応をすることが期待、想定されている人を対象とした講習です。

応急手当の重要性 15分

 応急手当の目的・必要性(心停止の予防等を含む)等

 救命に必要な応急手当(主に成人に対する方法) 165分

心肺蘇生法

基本的心肺蘇生法(実技)
  • 反応の確認、通報
  • 胸骨圧迫要領
  • 気道確保要領
  • 口対口人工呼吸法
  • シナリオに対応した心肺蘇生法
 AEDの使用法
  • AEDの使用方法(ビデオ等)
  • 指導者による使用法の呈示
  • AEDの実技要領
異物除去法
  • 異物除去要領
効果確認
  • 心肺蘇生法の効果確認

止血法

  • 直接圧迫止血法

試験 60分

心肺蘇生法に関する知識の確認(筆記試験)

  • 知識の確認

心肺蘇生法に関する実技の評価(実技試験)

  • シナリオを使用した実技の評価

普通救命講習修了証

 普通救命講習1・2を修了された方には、修了証を交付します。修了後も救命技能を維持向上させるため、2年から3年間隔で定期的に講習を受けてください。

修了証の画像1
普通救命講習1の修了証

修了証の画像2
普通救命講習2の修了証

申込方法等

申込方法

  • 電話でお申し込みしていただき、日程調整後、受講申請書・受講者名簿を提出してください。
  • 受講申請書・受講者名簿は、ホームページからダウンロードできます。下部のリンクをクリックしてください。
  • 用紙サイズはA4で印刷してください。
  • お申込み、相談等は瀬戸内市消防本部警防課救急係(0869-22-1492)にお願いします。
  • 普通救命講習受講申請、救急法の依頼

持参するもの

  • 筆記用具
  • 上履き
  • 再講習の方は、講習修了証をお持ちください。

講習料

  • 無料です。

服装

  • 実技を中心に講習を行いますので、動きやすい服装でお越しください。