ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 瀬戸内市消防本部 > 予防課 > 第10回瀬戸内市消火技術訓練大会開催

本文

第10回瀬戸内市消火技術訓練大会開催

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

第10回消火技術訓練大会が開催されました。

 令和元年10月17日(木曜日)、長船スポーツ公園において第10回瀬戸内市消火技術訓練大会が開催されました。

 この大会は、火災時に事業所の関係者が通報、初期消火などの自衛消防活動を円滑に行うために訓練している日頃の成果を披露しています。

 今年度は、消火器取扱いの部(男性)8チーム、(女性)3チーム、屋内消火栓取扱いの部に3チームが参加し、選手の皆さんは、訓練で習得した技術を十分に発揮していました。

 また、各事業所の防火管理体制の向上に繋がる大会となりました。

出場された各事業所の選手のみなさん​
表彰写真

開会あいさつ
瀬戸内市防火協会横山会長による開会式のあいさつ

選手宣誓
​選手宣誓消火器取扱いの部に出場した、株式会社岡山村田製作所の安田匡孝さん
消火器取扱いの部(女性)で準優勝されました。

長船荘
​特別養護老人ホーム長船荘(伊東、末井選手)。消火器取扱い訓練の様子です。

岡山村田製作所屋内消
​屋内消火栓の部で準優勝されました。
株式会社岡山村田製作所Bチーム(青井、隅谷選手)。屋内消火栓設備の15mホースを2本延長している様子です。

岡山村田製作所屋内消火栓
​屋内消火栓の部で輝かしい成績で優勝されました。
株式会社岡山村田製作所Aチーム(山本、大岡選手)。火災を発見して消防機関へ通報をしています。

岡山村田製作所消火器
​消火器取扱いの部(男性)で優勝されました。
株式会社岡山村田製作所Cチーム(上石、安田選手)。最も速いタイムで消火が出来ました。

スリーボンドファインケミカル屋内消火
​屋内消火栓の部で3位に入賞されました。
スリーボンドファインケミカル株式会社(芳野、大上選手)。競技前の選手紹介です。

日清食品消火器女性
​消火器取扱いの部(女性)で優勝されました。
日清エフ・ディ食品株式会社(羽川、小林選手)。迅速、的確な消火行動で優勝を勝ち取りました。

瀬戸内記念病院
​消火器取扱いの部(男性)で入賞されました。
瀬戸内記念病院(東田、幡中選手)。消火器による消火活動が行われました。

日清食品男子
​消火器取扱いの部(男性)で入賞されました。
日清エフ・ディ食品株式会社(薮井、井上選手)。消火器で消火している様子です。

上田ブレーキ
​消火器取扱いの部(男性)で入賞されました。
上田ブレーキ株式会社岡山事業所(水島、田村選手)。選手が119番通報と消火器を搬送しています。

岡山村田製作所チーム
​消火器取扱いの部(男性)で入賞されました。
株式会社岡山村田製作所Bチーム(井本、柴田選手)。消火活動を行っている様子です。

岡山村田製作所女性チーム
​消火器取扱いの部(女性)で入賞されました。
株式会社岡山村田製作所(小野、上杉選手)。力一杯走って取り組みました。

スリーボンドファインケミカル
​消火器取扱いの部(男性)で入賞されました。
スリーボンドファインケミカル株式会社(佐藤、阿江選手)。火元に消火器を噴射している様子です。

テイカ
​消火器取扱いの部(男性)で3位に入賞されました。
テイカ株式会社熊山工場長船分工場(田中、小林選手)。真剣な消火器の取扱い訓練を実施していました。

この大会では、優秀な成績を収めたチームはもちろんですが、すべての参加チームは防火防災に取り組む姿勢は称えるべき最高のチームだと思われます。