ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 瀬戸内市消防本部 > 消防署 > 平成31年文化財防火デーに伴い合同訓練を実施

本文

平成31年文化財防火デーに伴い合同訓練を実施

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

合同訓練の画像

 文化財防火デーに伴い、平成31年1月24日、瀬戸内市邑久町北島の上寺山餘慶寺において、放火により火災が発生したとの想定で消防訓練が行われました。訓練には、市消防本部、市消防団本部、市消防団今城分団、北島東谷婦人防火クラブ及び寺社関係者が参加して行われ、国民の貴重な文化財を火災などから保護するとともに、文化財に対する市民の保護思想の一層の強化徹底が図られました。

 文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことを契機としています。当本部では、毎年この時期に防火訓練を行なっています。

寺社関係者による初期消火の様子の画像
​寺社関係者による初期消火の様子

消防団員によるホース延長の様子の画像
​消防団員によるホース延長の様子

北島東谷婦人防火クラブによる消火準備の様子の画像
​北島東谷婦人防火クラブによる消火準備の様子

婦人防火クラブ員による放水の様子の画像
​婦人防火クラブ員による放水の様子

消防署隊による消火準備の様子の画像
​消防署隊による消火準備の様子

訓練後の講評の様子の画像
​訓練後の講評の様子