ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 病院事業部 > 瀬戸内市立瀬戸内市民病院 > 手術室紹介

本文

手術室紹介

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

手術室2室

1室をバイオクリーンルーム(クラス1000)とし、整形外科の清浄度の高い手術など手術中の感染に配慮した環境となっています。

スタッフ

看護師4名、視能訓練士1名、看護補助者1名

手術件数

平成28年度:290件

件数内訳
外科 形成外科 整形外科 眼科 その他
49件 18件 33件 139件 51件

 

主な手術
   主な手術
外科 消化器、胆のう、乳腺、腫瘍摘出術など
形成外科 皮膚移植、眼瞼下垂、皮膚皮下腫瘍摘出術、陥入爪など
整形外科 人工関節挿入術、骨接合術(上肢、下肢、鎖骨)、バネ指、手根管手術など
眼科 白内障、翼状片、霰粒腫など

 

手術室看護目標

  • 安全で、患者さんに寄り添った手術室看護を提供します。患者さんの心理状態や、身体的状態に配慮し、安全・安心な手術が受けられるように努めています。
  • 手術室看護の専門性を高めるために、研修会などにも積極的に参加し、知識・技術の習得に励み、手術を受けられる患者さんに安全・安心の医療、看護が提供できるように取り組んでいます。

その他の取り組み

 毎年5月に開催している病院フェスティバルでは、普段入ることのできない手術室内の見学や、医療機器の操作体験を行い、地域に密着した市民病院となるよう努めています。

 また、11月にゆめトピア長船で行われる瀬戸内市保健福祉フェスタでは、当院のブースに毎年手術室看護師が参加し、医療機器の操作体験や展示を行っています。