ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策部 > 秘書広報課 > 新築移転した消防署長船分駐所の開所式が行われました

本文

新築移転した消防署長船分駐所の開所式が行われました

更新日:2021年10月7日更新 印刷ページ表示

新築移転した瀬戸内市消防署長船分駐所の外観長船分駐所前でテープカットを行う来賓らの様子

10月7日(木曜日)、新築移転した瀬戸内市消防署長船分駐所の開所式が行われました。

旧長船分駐所の庁舎は、平成25年度に耐震診断を行った結果、耐震性がなく改修が必要であることが判明。これを受けて、ゆめトピア長船の向かいに新築移転することが決定し、この度新しい長船分駐所が完成しました。

新しい分駐所庁舎には、停電時でも防災機能を保持できるよう自家発電設備が屋上に設置されているほか、女性消防士にも配慮した各設備が整えられています。

式に出席した武久顕也瀬戸内市長は、「消防士の皆さんには、この新しい分駐所を活用し、緊急時には迅速に出動して適切な現場活動を行い、平時には職務に必要な知識や技術、体力を向上させるなどして、より一層職務に励んでもらいたい。また、この施設が市民の安心・安全を守る拠点として、皆様に信頼される施設となることを願っています」と述べました。