ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 瀬戸内市立美術館 > 展示について > 展示予定(2024年度) > 【瀬戸内市立美術館】造形作家 玉田多紀 海のいきもの ダンボール物語より

本文

【瀬戸内市立美術館】造形作家 玉田多紀 海のいきもの ダンボール物語より

更新日:2024年6月13日更新 印刷ページ表示


ダンボール物語

 

​​

《展覧会概要》

 

玉田多紀は、古紙ダンボールをアートとして甦らせ、生命力あふれる生きものたちへと生み出す造形作家です。ダンボールの強度と柔軟性に魅了され、15年以上にわたってダンボールを素材とした巨大な立体作品を制作しています。
SDGsが社会テーマにもなっている今、リサイクル100%可能なダンボールを使い、海の環境問題・絶滅危惧種など海をテーマとする作品を約25点取り上げます。また、今年は瀬戸内海国立公園指定90周年という特別な年でもあり、瀬戸内市の海を題材とした放置艇による海洋汚染に関連した展示やアマモの育成・絶滅危惧種のスナメリの作品も加えることでより身近な環境についても紹介します。

期間 2024年7月13日(土曜日)~9月1日(日曜日) 
休館日 毎週月曜日(7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火曜日)、8月13日(火曜日)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金 一般(高校生以上)600円/割引(団体20名以上または65歳以上)500円/小・中学生300円、未就学児無料
会場 瀬戸内市立美術館 4階・3階展示室
主催 瀬戸内市立美術館
特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」
特別協賛 大和紙器株式会社
協力 邑久町漁業協同組合、岡山県立邑久高等学校、牛窓のスナメリを見守る会、瀬戸内市立邑久中学校、ウッドワン美術館、瀬戸内市民図書館、牛窓図書館、長船図書館

 

船の科学館「海の学びミュージアムサポート」<外部リンク>海と日本プロジェクトロゴマーク<外部リンク>

関連イベント 


フリーワークショップ『みんなで豊かな海を作ろう!』

海の生き物などをダンボールで作成し、作品をダンボールシートに描いた海に展示しよう!
ダンボールでどんな生き物が作れるかな?

 
日時 会期中随時開催
午前9時30分~午後4時30分
アンモナイト
​『ネオアンモナイト』
参加費 無料(ただしチケットの購入が必要)
定員 なし
会場 瀬戸内市立美術館 3階展示室(出入口は4階のみ)
申込み 不要

 


『玉田多紀のギャラリークルーズ』

作家・玉田多紀によるアーティストトークを行います。トークの後に本展グッズ購入者限定のサイン会を行います。

 
日時 令和6年7月15日(月曜日・祝日)
午後1時~午後3時
参加費 無料(ただしチケットの購入が必要)
定員 なし
会場 瀬戸内市立美術館 4階展示室
申込み ​不要

 


『玉田多紀のダンボールワークショップ』

ダンボールでいきものをつくります!

 
日時 令和6年8月10日(土曜日)
午後1時~午後3時
対象 5歳以上
(※ただし、10歳未満の参加に際しては1人以上の保護者の同伴を必須とします)
講師 玉田多紀 氏(本展出品作家)
定員 先着20名
(※同伴の保護者の方は定員に含みません)
参加費 1000円+観覧料
(※同伴の保護者の方は観覧料のみ必要です)
申込み

 現在申込受付期間外です​​
・​応募期間:2024年7月2日(火曜日)~8月3日(土曜日)
・申込み方法:上記期間中に​ホームページ内申込みフォームよりお申込みください。(応募期間中に限り申込みフォームボタンをこちらに表示します)
なお、お電話での受付はできませんので御注意ください

佐竹徳画伯

備前長船刀剣博物館