ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 税務課 > 軽自動車税について

本文

軽自動車税について

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

概要

納めていただく人(納税義務者)

毎年4月1日(賦課期日)現在、市内に原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車(これらを軽自動車等といいます)の所有者です。ただし、所有権留保付割賦販売(ローン販売など)の場合は、買主(使用者)を所有者とみなします。

ご確認ください

軽自動車税は、毎年4月1日現在の所有者(使用者)に課税されます。したがって、4月2日以降に廃車の手続きをされても、その年度の軽自動車税は納めていただくことになります。月割の制度はありません

廃車や名義変更の手続きは早めにしてください。

毎年、廃車の手続きが済んでいないことによるトラブルが発生しています。

登録の内容に変更がある場合は、すみやかに手続きをお願いします。

軽自動車税(環境性能割)について

 税制改正により令和元年10月1日から自動車取得税(県税)が廃止となり、代わりに軽自動車税環境性能割(市税)が創設され、新車・中古車を問わず購入価格が50万円を超える車両に対して取得(登録)時に課税されます。なお、軽自動車税の環境性能割は当分の間、岡山県が賦課徴収を行います。

軽自動車税(環境性能割)の税率

環境性能割の税額は、自動車の取得価額に税率を乗じて計算されます。

軽自動車税(環境性能割)の税率
車種区分 税率
自家用(取得日) 営業用
令和元年10月1日~令和2年9月30日(注2) 令和2年10月1日~
電気自動車天然ガス(平成21年排出ガス10%低減又は平成30年規制適合) 非課税 非課税 非課税
ガソリン車(注1) 令和2年度基準+20%達成
 令和2年度基準+10%達成
 令和2年度基準達成 1% 0.5%
平成27年度基準+10%達成 1% 2% 1%
上記以外 1% 2% 2%

(注1)電気自動車などを除き、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)または平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限ります。
(注2) 令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を購入する場合、環境性能割の税率が軽減されます。

軽自動車税(種別割)について

現行の軽自動車税の名称が軽自動車税(種別割)に変わります。この改正に伴い、軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されることとなります。

軽自動車税のグリーン化特例(軽課)の延長

平成31年度の地方税改正により、グリーン化特例(軽課)が2年延長になりました。

軽自動車税のグリーン化特例(軽課)の税率(年額)

適用期間中に初期登録を受けた車両が一定の基準を満たす場合、取得した年度の翌年度分に限り、環境性能に応じて軽自動車税が軽減されます。

<適用期間>平成31年4月1日から令和3年3月31日

<軽課適用年度>令和2年度、令和3年度

  • 平成31年4月1日から令和2年3月31日に取得した車両は、令和2年度分に限り軽課が適用されます。
  • 令和2年4月1日から令和3年3月31日に取得した車両は、令和3年度分に限り軽課が適用されます。

適用の対象と税率は下表のとおりです。

軽自動車税のグリーン化特例(軽課)の税率(年額)
車種区分 税率(年額)
電気自動車及び天然ガス軽自動車 乗用:令和2年度燃費基準+30%達成車
貨物用:平成27年度燃費基準+35%達成車
乗用:令和2年度燃費基準+10%達成車
貨物用:平成27年度燃費基準+15%達成車
軽自動車 三輪のもの 1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上 乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
貨物用 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円 3,800円

(注)電気自動車などを除き、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)または平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限ります。

軽自動車税の税率改正

地方税法の一部改正により、原動機付自転車、小型特殊自動車、軽二輪、二輪の小型自動車、三輪・四輪以上の税率が平成28年度から引き上げられています。
ただし、三輪以上の軽自動車は、平成27年4月1日以降に初めて車両番号の指定を受けた軽自動車から税率が引き上げられています。

税率(年税額)

原動機付自転車及び二輪車等の税率(年額)
車種 種別 税率(年額)
原動機付自転車 総排気量50cc以下又は定格出力0.6kW以下のもの(ミニカーを除く) 2,000円
二輪で総排気量50ccを超え90cc以下又は定格出力0.6kWを超え0.8kW以下のもの 2,000円
二輪で総排気量90ccを超え125cc以下又は定格出力0.8kWを超え1.0kW以下のもの 2,400円
ミニカー(三輪以上で総排気量20ccを超え50cc以下又は定格出力0.25kWを超え0.6kW以下のもの) 3,700円
小型特殊自動車 農耕作業用のもの 2,400円
その他のもの 5,900円
軽二輪 総排気量125ccを超え250cc以下のもの 3,600円
二輪の小型自動車 総排気量250ccを超えるもの 6,000円
軽自動車(三輪・四輪以上の車両)の税率(年額)
車種区分 税率(年額)
平成27年3月31日以前に初期登録(注)を受けた車両(現行税率に同じ) 平成27年4月1日以後に初期登録(注)を受けた車両(平成27年度から)

軽自動車
三輪のもの 3,100円 3,900円
四輪以上 乗用 営業用 5,500円 6,900円
自家用 7,200円 10,800円
貨物用 営業用 3,000円 3,800円
自家用 4,000円 5,000円

(注)初期登録とは初めて道路運送車両法第60条第1項後段の規定による車両番号の指定を受けたものをいいます。

軽自動車税のグリーン化特例

軽課

環境性能の優れた軽四輪等の普及を促進するため、適用期間中に初期登録を受けた車両が一定の基準を満たす場合、取得した年度の翌年度分に限り環境性能に応じて軽自動車税が軽減されます。適用の対象と税率(年額)は下表のとおりです。

<適用期間>平成31年4月1日から令和3年3月31日

<軽課適用年度>令和2年度、令和3年度

  • 平成31年4月1日から令和2年3月31日に取得した車両は、令和2年度分に限り軽課が適用されます。
  • 令和2年4月1日から令和3年3月31日に取得した車両は、令和3年度分に限り軽課が適用されます。
軽自動車税のグリーン化特例(軽課)の税率(年額)
車種区分 税率(年額)
電気自動車及び天然ガス軽自動車 乗用:令和2年度燃費基準+20%達成車
貨物用:平成27年度燃費基準+35%達成車
乗用:令和2年度燃費基準達成車
貨物用:平成27年度燃費基準+15%達成車

軽自動車
三輪のもの 1,000円 2,000円 3,000円

四輪以上
乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
貨物用 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円 3,800円

(注)電気自動車などを除き、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限ります。

重課

グリーン化を進める(環境負荷に応じて税率を調整する)観点から、賦課期日に初めて車両番号の指定を受けてから13年を超える三輪以上の軽自動車の税率は、平成28年度から引き上げられています。

重課税率(年額)
車種区分 税率(年額)      
最初の車両番号の指定を受けてから13年を経過した車両




三輪のもの 4,600円
四輪以上
営業用 8,200円
自家用 12,900円


営業用 4,500円
自家用 6,000円

申告

軽自動車等を所有しているかどうかは、すべて所有している人の申告に基づいて判断します。軽自動車等を所有したり、所有者が転居した場合には15日以内に、また軽自動車等を廃車したり売却などした場合には、30日以内に申告が必要です。

手続きに必要なものについては、各申告場所にてお問い合わせください。 

車種ごとの申告場所と問い合わせ先

車種

原動機付自転車(125cc以下のもの)、小型特殊自動車、農耕作業用自動車

申告場所

瀬戸内市役所市民課総合窓口、牛窓支所、長船支所、裳掛出張所

問い合わせ先

瀬戸内市役所税務課市民税係

電話番号:0869-22-1114

様式ダウンロード

軽自動車税種別割申告(報告)兼標識交付申請書(PDF:80.3KB)

軽自動車税種別割申告(報告)兼標識交付申請書(EXCEL:18.8KB)

軽自動車税種別割廃車申告書兼標識返納書(PDF:81.1KB)

軽自動車税種別割廃車申告書兼標識返納書(EXCEL:18.5KB)

譲渡証明書(PDF:36.6KB)

譲渡証明書(EXCEL:10.6KB)

名義変更届(PDF:37.3KB)

名義変更届(EXCEL:10.7KB)

車種

三輪四輪の軽自動車

申告場所

(一社)全国軽自動車協会連合会岡山事務所

所在地

岡山市北区久米177-3

問い合わせ先

電話:050-3816-3084

軽自動車検査協会ホームページ<外部リンク>

車種

軽二輪(125ccを超え250cc以下のもの)

申告場所

岡山県自動車整備商工組合

所在地

岡山市北区富吉5301-8

問い合わせ先

電話:050-5540-2072

中国運輸局ホームページ<外部リンク>

車種

二輪の小型自動車(250ccを超えるもの)

申告場所

中国運輸局岡山運輸支局

所在地

岡山市北区富吉5301-5

問い合わせ先

電話:050-5540-2072

中国運輸局ホームページ<外部リンク>

納税方法・納税証明(車検用)

市役所から発送される納税通知書により、毎年5月末日までに納めていただきます。なお、自動車税と異なり、軽自動車税には月割賦課制度はありません。したがって、4月2日以降に軽自動車を所有しても当該年度分の税金はかかりませんが、4月2日以降に廃車等しても当該年度分の税金は全額納めていただくことになります。
軽自動車税を納税していただいた納税通知書の一片は、過去に滞納等がない限り、車検用の納税証明書としてご利用いただけます。また、口座振替の人は別途証明書を発送していますが、発送までに2週間程度かかります。納付後すぐに車検があり、証明書が必要な場合は、領収書または記帳した通帳を税務課・各支所・出張所へご持参いただければ証明書を発行します。納期前後に車検のある場合はご注意ください。車検用の納税証明書の再発行(無料)も税務課、各支所、出張所で行っています。

減免

身体障害者手帳・戦傷病者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人で、一定の要件に該当する人は軽自動車税の減免を受けることができます。その他にも8ナンバーの特殊用途自動車で、一定の基準に該当する福祉関連の車両や、公益のため直接専用するものと認める軽自動車等も該当になる場合があります。詳細は税務課市民税係までお問い合わせください。

手続きに必要なもの

申請書・印鑑・運転者の免許証・車検証・減免申請内容が確認できるもの(身体障害者手帳等)・所有者のマイナンバー(個人番号)が確認できるもの(通知カード等)

申請期間

各年度の4月1日から納期限前7日まで(例:納期限が5月31日の場合は、5月24日まで)

軽自動車税種別割減免申請書(PDF:77.9KB)

軽自動車税種別割減免申請書(身体障害者のための改造車両)(PDF:77.1KB)

軽自動車税種別割減免申請書(公益用)(PDF:76KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)