ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 生活環境課 > お試しのつもりで注文したら定期購入になっていた

本文

お試しのつもりで注文したら定期購入になっていた

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

相談内容

SNSで「初回お試し価格500円」という広告を見て、サプリメントを注文した。1回だけのつもりだったが、後日商品が届いた際、「期間内に解約の手続きをしないと定期購入となり、次回から通常価格となる」という文書が同封されていた。手続きをしようと業者に電話したがつながらない。注文をしたサイトから手続きをしようと思ったがホームページが見つからない。

アドバイス

  • ホームページやSNSなどで、「健康に良い」「美容やダイエットに良い」「有名人も使っている」などと書かれた広告を見て、お試しのつもりで注文したら実際は定期購入だったというトラブルが報告されています。
  • 「お試し」や「1回だけ」と認識していたが実際は定期購入の契約をしていたケースもあります。
  • また、解約を申し出ようとしたが業者と連絡が取れない、解約を申し出たら初回分も通常価格で請求された、定期購入期間内は解約できないと言われた、などのトラブルも発生しています。

どうすればいいの?

  • 購入する前に、契約内容や解約方法(解約条件)などを確認しましょう。具体的には以下の点を確認してから購入するかどうか検討しましょう。
  1. 定期購入が条件になっていないか
  2. 解約に条件があるか
  3. 解約するときの窓口と方法(電話・メールなど)
  • トラブルにあったときのために、通販サイトの画面を保存や印刷しておくことをおすすめします。
  • 困ったときやトラブルにあったときは、相談窓口へ。

関連資料ダウンロード

サプリメントを注文したら定期購入に!SNSの広告に注意!(子どもサポート情報第80号)(PDF:199.8KB)

独立行政法人国民生活センターでは、全国的に多い相談事例について「見守り新鮮情報」「子どもサポート情報」としてリーフレットで紹介しています。

詳しくは下の独立行政法人国民生活センターホームページをご覧ください。

独立行政法人国民生活センター<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)