ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > いきいき長寿課 > 高齢者徘徊対策促進事業について

本文

高齢者徘徊対策促進事業について

更新日:2021年3月18日更新 印刷ページ表示

高齢者徘徊対策促進事業とは

認知症等により徘徊行動が見られる高齢者等を介護する者またはその家族に対して、見守りシール(どこシル伝言板ラベル・シール)を交付し、安全確保の仕組みを整える事業を実施することにより、精神的負担の軽減を図ります。

チラシ(PDF:3MB)

見守りシールとは

高齢者の衣服や持ち物等に貼って使用する見守りシールにはQRコードが印字されています。それをスマートフォンなどで読み取ると、インターネット上の伝言板を通じて家族とやりとりができる仕組みになっています。

どこシル伝言板の流れの画像

ラベルイメージ図の画像

対象者

市内に住所があり居住する高齢者であり、次のいずれかに該当する方となります。

  1. 介護保険法に規定する要介護者または要支援者であって、徘徊行動のある方。
  2. 医師により認知症と診断された方。

利用料

無料

利用を希望される方は、次の書類をいきいき長寿課の窓口に提出してください。

申請書(PDF:36KB)

申請書(記入例)(PDF:43.5KB)

登録シート(PDF:264.6KB)

登録シート(記入例)(PDF:1.9MB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?