ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 上下水道部 > 下水道課 > 下水道に油やごみを流さないで!

本文

下水道に油やごみを流さないで!

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

 市内において、油やごみの不適切な排出により、下水道管の詰まりや悪臭が発生しています。下水道に油を流すと油分が固まり、下水道管にこびりついて詰まりの原因になります。

また、流れた油分は下水処理場の働きを低下させます。家庭で油が残った場合には、新聞紙やキッチンペーパーに吸わせる、または固化剤等で固めるかリサイクルに出すなどして、決して下水道に流さないようにしてください。

なお、敷地内の排水ますや管は、各家庭の管理になります。定期的に(月に1回程度)点検し、油分やごみがたまっている場合は清掃を行ってください。

汚れたスイスイの画像

下水道使用の注意点

  • 天ぷら油などの廃油類、土砂などは流さないでください。排水管などを詰まらせる原因となります。
  • ガソリン、シンナー、灯油などは爆発のおそれがありますので、絶対に流さないで下さい。
  • 紙おむつや衛生用品を流すと、水洗便器や排水管が詰まって水が流れなくなります。
  • ディスポーザー(生ごみ粉砕機)の使用については市が認めたもの以外、使用しないで下さい。粉砕したごみを下水道に流すと、排水管が詰まったり、腐敗して悪臭の発生原因になります。

画像:油が溜まっている台所ます
油が溜まっている台所ます
(月に1度は掃除を)

画像:きれいな状態の台所ます
きれいな状態

画像:下水管からでてきた油の塊
下水管からでてきた油の塊

画像:油が流れてきた処理場の様子
油が流れてきた処理場の様子

廃食用油のリサイクルについて

廃食用油のリサイクルについては、生活環境課にお問い合わせください。

電話番号0869-22-1899