ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 備前焼制作技術〈森 才蔵(陶岳)〉

本文

備前焼制作技術〈森 才蔵(陶岳)〉

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

備前焼制作技術〈森 才蔵(陶岳)〉(びぜんやきせいさくぎじゅつ〈もり さいぞう〉)

陶岳氏は、陶芸家として卓越した才能と技量により「古備前の解明を通して世界の中の備前陶」という初心の貫徹を期して活躍しています。作品は備前の伝統を基調としながらも、その普遍性と創造性、スケールの大きさに内外から高い評価を受けています。全長85mの大窯で焼成された作品は、これまでにない現象の現れた作品が数多く数多く窯出しされています。

森 才蔵(陶岳)の画像
​県指定 森 才蔵(陶岳)​