ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

瀬戸内市の文化財

更新日:2021年9月14日更新 印刷ページ表示

文化財保護法で、文化財は「有形文化財」、「無形文化財」、「民俗文化財」、「記念物」、「文化的景観」及び「伝統的建造物群」と定義し、これらの文化財のうち、重要なものを国・県・市が指定・選定・登録し、重点的に保護しています。

また、無形文化財、無形民俗文化財では、指定のほかに記録作成等の措置を講ずべきものを文化庁長官が選択し、その記録の作成に努めています。

そのほかに、土地に埋蔵されている文化財を埋蔵文化財、文化財の保存・修理に必要な伝統的技術・技能を文化財の保存技術と呼び、保護の対象としています。

 

瀬戸内市内の指定・登録文化財の件数

  指定 登録 選定 備考
20件 17件 1件 国指定には国宝を含む
38件    
70件    

 

瀬戸内市内の指定・登録文化財等の一覧は次の通りです。

瀬戸内市の指定文化財・登録文化財等一覧(令和4年5月1日現在) [PDFファイル/292KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)