ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 備前焼制作技術〈隠崎隆一〉

本文

備前焼制作技術〈隠崎隆一〉

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

備前焼制作技術〈隠崎隆一〉(びぜんやきせいさくぎじゅつ〈かくれざき りゅういち〉)

隠崎隆一氏は、伊勢崎淳氏に師事した後、瀬戸内市長船町磯上に窯を築いて独立し、備前焼の作陶を続けています。伝統の技術を継承しつつ、自由な発想と独自の表現で備前焼の新たな道を切り開いた陶芸作家として注目されています。独特に作り出した陶土に加え、デザイナーの前歴を持つ同氏ならではの自由な発想から生み出される造形が、作品に強い個性として表れています。

隠崎隆一の画像
​県指定 隠崎隆一