ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 太刀 無銘 一文字(山鳥毛)

本文

太刀 無銘 一文字(山鳥毛)

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

太刀 無銘 一文字(山鳥毛)(たち むめい いちもんじ(やまとりげ))

 無銘であるが、その作風から鎌倉時代中期に作られた備前刀で福岡一文字派の作と考えられています。戦国武将上杉謙信・景勝の愛刀として名高く、国宝『上杉家文書』中の「上杉景勝自筆腰物目録」に「山てうもう」と記されていることから、「さんちょうもう」と呼ばれています。

国宝太刀無銘一文字 山鳥毛の画像
​国宝 太刀 無銘 一文字(山鳥毛)

刃長 79.1センチメートル、反り 3.3センチメートル