ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 宝光寺 釈迦十六善神画像

本文

宝光寺 釈迦十六善神画像

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

宝光寺 釈迦十六善神画像(ほうこうじ しゃかじゅうろくぜんじんがぞう)

大般若経六百巻を転読する法会、大般若会の本尊として懸ける仏画です。釈迦三尊を中心にして、その左右に忿怒形や武装将軍形の十六善神らが囲んでいます。釈迦三尊の背景は濃紺地で、釈迦の台座より前方には方形磚四半敷の鋪床を表し、磚は薄桃色、白緑、白の3種を布き、白緑磚には雲気を表しています。色調などから16世紀代の作と考えられています。

宝光寺 釈迦十六善神の画像
​市指定 宝光寺 釈迦十六善神画像