ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 木造 聖観音立像

本文

木造 聖観音立像

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

木造 聖観音立像(しょうかんのんりゅうぞう)

薬師如来像の向かって右に立つ餘慶寺薬師堂の観音像で、筒型の宝冠をかぶり、右手をまっすぐ下げて掌を前に開き、左手は曲げて持物を握る相を示した一木造の立像です。肉身部は黒漆地の金箔押し仕上げ、衣部はもと彩色仕上げであったと見られています。作風に薬師如来像と共通の特徴が見られ、制作もほぼ同時期の平安時代前期と考えられています。

聖観音立像の画像
​国指定 聖観音立像

像高 169.0センチメートル