ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 牛文茶臼山古墳

本文

牛文茶臼山古墳

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

牛文茶臼山古墳(うしぶみちゃうすやまこふん)

出土遺物から5世紀末の前方部が南西方向(山側)に向いた帆立貝形古墳です。墳長48メートル、後円部径33.2メートル、高さ5.5メートル、前方部幅16メートル、長さ14.8メートル。石室から小札の鎧、貝釧、四神四獣鏡、金銅製獅噛文帯金具、鉄刀、須恵器などが出土しています。また、この古墳の北側には、陪塚と思われる直径14メートルの円墳があり、いずれの古墳とも墳丘から埴輪片を採集しています。

 

牛文茶臼山古墳の画像
​市指定 牛文茶臼山古墳