ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 牛窓だんじり(8基)

本文

牛窓だんじり(8基)

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

牛窓だんじり(8基)(うしまどだんじり)

欅材を主材とし、船形の上に二層の屋形を建て、船底には木製の車輪が付けられています。大きさは全長5メートル、幅1.6メートル、高さ2.5メートルを超えます。御船だんじりは全体を御召船風に造っていますが、他の7基は船首が竜や獅子、麒麟になり、屋形の欄間などに浮彫が施されています。いずれも江戸時代末から明治の初めにかけて造られたものです。

牛窓だんじり(沖だんじり)の画像
​県指定 牛窓だんじり(写真は沖だんじり)