ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 牛窓燈籠堂跡

本文

牛窓燈籠堂跡

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

牛窓燈籠堂跡(うしまどとうろうどうあと)

牛窓湊に寄港する船の航路である唐琴の瀬戸に面して建ちます。燈籠堂の創建は不詳ですが、記録より延宝8年(1680)以前に建てられたと考えられています。文化6年(1809)の記録を見ると、燈籠に鯨油が使われたことも記されています。明治時代になって堂は壊され、石垣のみ残りました。現在の堂は昭和63年に江戸時代の絵図から推定復元したものです。

牛窓燈籠堂跡の画像
​市指定 牛窓燈籠堂跡