ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 真光院 胎蔵界大日如来坐像

本文

真光院 胎蔵界大日如来坐像

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

真光院 胎蔵界大日如来坐像
(しんこういん たいぞうかいだいにちにょらいざぞう)

宝髻に宝冠をかむり、体躯に衲衣を通肩にまとって結跏趺坐し、手印は法界定印に結んでいます。頭体を背寄りで前後二材矧とし、首部で割り離し、両脇材や膝材、裳先を寄せています。像は室町時代の作と考えられています。また、台座の内側の墨書から現存しない多宝塔の本尊であったことがわかります。

真光院 胎蔵界大日如来坐像の画像
​市指定 真光院 胎蔵界大日如来坐像