ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 絹本著色 中不動三十六童子左右両界曼荼羅図

本文

絹本著色 中不動三十六童子左右両界曼荼羅図

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

絹本著色 中不動三十六童子左右両界曼荼羅図
(なかふどうさんじゅうろくどうじさゆうりょうかいまんだらず)

不動三十六童子図は中央に火炎を背にして岩に立つ不動明王、左右下方に制叱迦・矜羯羅両童子、さらにこの三尊の周囲に倶梨迦羅竜王劔と三十六童子が描かれています。この図を中幅として、左右に金剛界と胎蔵界を表した曼荼羅図が取り合わされています。不動三十六童子図の画風から室町時代初期頃の制作と考えられています。

絹本著色 中不動三十六童子左右両界曼荼羅図の画像
​国指定 絹本著色 中不動三十六童子左右両界曼荼羅図