ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 舟原だんじり

本文

舟原だんじり

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

舟原だんじり(ふなばらだんじり)

下山田八幡宮秋祭りの際に引き出される舟原部落のだんじりです。総高265センチメートル、総長320センチメートル、総幅156センチメートル、箱式土台は三軸六輪で、唐破風屋根の一層屋形を立てています。屋根は幕屋根、屋形は桁行二間、梁間一間となっており、竜、鳳凰、牡丹唐獅子、老梅などの彫刻が飾られています。制作年代は明治期と推定されています。

(写真)舟原だんじり
​市指定 舟原だんじり