ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 花光寺山古墳

本文

花光寺山古墳

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

花光寺山古墳(けこうじやまこふん)

古墳時代前期、4世紀後半の墳長約96メートルの前方後円墳です。この古墳は前端部がややバチ状で、その前端にテラス状のものを持ちます。墳丘には10?大の河原石が葺石として葺かれ、円筒埴輪が巡らされていたようです。後円部に組み合わせ式長持形石棺が埋葬され、その前後の側室には内行花文鏡・三角縁神獣鏡・直刀・大刀・短剣・鉄斧などが納められていました。

花光寺山古墳の画像
​県指定 花光寺山古墳