ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 虫明焼68種96点

本文

虫明焼68種96点

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

虫明焼68種96点(むしあげやき)

虫明で生まれた虫明焼は、釉を掛けた京風の瀟洒な焼物で、茶道具として人気を得ています。起源についてははっきりしませんが、江戸時代の中期、虫明に陣屋を置いた岡山藩首席家老伊木氏の御庭窯がはじまりと言われています。茶人として著名な伊木三猿斎は自ら作陶し、名工清風与平や宮川香山も来窯しました。現在も数人の作家によって作陶が続けられています。

虫明焼の画像
​市指定 虫明焼(写真は色絵菊花文鉢)