ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 遍明院 十三仏図

本文

遍明院 十三仏図

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

遍明院 十三仏図(へんみょういん じゅうさんぶつず)

大日如来や不動明王、観音菩薩など十三仏が描かれた死者追善のための忌日供養に懸ける本尊仏画です。濃紺の地に如来は皆金色、菩薩・明王は彩色で仕上げています。画面の上部には天蓋、下部には蓮華瓶一対と香炉が置かれた打敷懸卓が描かれています。面相姿態や彩色などから15世紀前半頃の作と考えられています。

遍明院 十三仏図の画像
​市指定 遍明院 十三仏図