ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 遍明院 菊花双雀鏡

本文

遍明院 菊花双雀鏡

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

遍明院 菊花双雀鏡(へんみょういん きっかそうじゃくきょう)

この鏡は報恩大師を葬ったと伝えられる報恩山より出土したと伝えられています。鏡背面に界圏はなく素面で、鈕の鋳出しも小さい湖州鏡系の円鏡です。この鈕の外側に菊の花と2羽の雀の文様を鋳出しています。この文様の表現から平安時代後半のものと考えられています。

遍明院 菊花双雀鏡の画像
​市指定 遍明院 菊花双雀鏡

直径 8.6センチメートル