ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 餘慶寺 三重塔(附棟札4枚)

本文

餘慶寺 三重塔(附棟札4枚)

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

餘慶寺 三重塔(附棟札4枚)(よけいじ さんじゅうのとう)

三間三重の総高約21メートルで、本瓦葺の屋根に相輪を立てています。初重に四天柱を使用し、心柱は初重の天井裏より立てる構造となっています。特に初重軒下の木組みなどに見事な技法を見ることができます。棟札によると、邑久大工棟梁田淵市左衛門繁数とその一門によって建設されたもので、6年の歳月を費やして文化12年(1816)に完成しました。

餘慶寺 三重塔(附棟札4枚)の画像
​県指定 餘慶寺 三重塔(附棟札4枚)