ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 餘慶寺 薬師堂

本文

餘慶寺 薬師堂

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

餘慶寺 薬師堂(よけいじ やくしどう)

創建は、桃山時代末期の慶長元年(1596)、その後江戸時代前期の万治2年(1659)に再建され、現在の建物は江戸時代中期の享保19年(1734)に再建されたものです。桁行五間、梁間六間の入母屋造本瓦葺となっています。二度の再建を経るも中世仏堂の古い様式を継承し、初建以来の経緯が判明している稀な古建築です。

餘慶寺 薬師堂の画像
​市指定 餘慶寺 薬師堂