ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 馬具(4懸)

本文

馬具(4懸)

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

馬具(4懸)(ばぐ)

馬の額を飾った面繋、馬体の全面を飾った鞅、馬の尻まわりを飾った鞦は、麻紐数本を組み断面を角紐状に仕上げた紐の両側に細紐を連綴し、茜色に染めた麻絲の総を厚総に下げています。手綱は絹製で、白絹紐6本を組み上げ、綱の両端部には麻心を入れて固め、握部としています。全体の形式などから見て中世以前のものと見られています。

馬具(4懸)の画像
​県指定 馬具(4懸)