ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 鹿忍神社 菩薩坐像(本地仏)

本文

鹿忍神社 菩薩坐像(本地仏)

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

木造 菩薩坐像(本地仏)(ぼさつざぞう(ほんじぶつ))

鹿忍神社の神体の1躯で欅の一木造の像です。裳や天衣などは外形だけで細部の襞を省略した簡素な表現になっています。表現や1尺の小像で、完全な一木彫であることから、本地垂迹説のもとに神を本地仏として偶像化した菩薩形の神体であると考えられています。像は平安時代後期頃の作と考えられています。

鹿忍神社 菩薩坐像(本地仏)の画像
​県指定 菩薩坐像(本地仏)

像高 40.5センチメートル