ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 文化観光部 > 文化観光課 > 鹿歩山古墳

本文

鹿歩山古墳

更新日:2020年12月16日更新 印刷ページ表示

鹿歩山古墳(かぶやまこふん)

牛窓湾を巡る前方後円墳の一つです。墳長約84メートル、後円部直径約41メートル、同高さ約7メートル、前方部長さ約45メートル、同前端部幅約64メートル、同高さ約7メートル、くびれ部幅約28メートルです。また、前方部周辺には明確な周濠が残っており、周提帯状の部分を含めると100メートルを超える規模になります。墳形や採集された埴輪などから5世紀後半に築造されたと考えられています。

鹿歩山古墳の画像
​県指定 鹿歩山古墳